トップへ戻る

太もも 毛 処理

太もも(ひざ上)の毛の処理方法 見落としがちな裏側の毛に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

太もも(ひざ上)の毛の処理方法 見落としがちな裏側の毛に注意

 

ケナ美です。今日もご訪問ありがとうございます。

 

太もものムダ毛が気になって仕方がない!という人はいますか?
普段は隠れていることが多い場所なので
それほど目につく部位ではないと思いますが…。

 

水着を着た時やミニスカートやショートパンツを履くときなどには、
ムダ毛の処理が欠かせないところでもありますね。

 

ひざ下やひじ下と比べて頻繁に処理することもないので、
処理をさぼっている人もいるのではないでしょうか?
私もその一人でした。

 

だってムダ毛の処理って思っているよりも時間や手間がかかっているんですよね。
男の人はこの面倒をわかっているのかな?
女の子はいつだって見えないところで努力しているんですよね。

 

ひざ下やひじ下は腕まくりをしたときや、
ロールアップしたときなどに人目にさらされることも多いので、
処理頻度が高くカミソリ負けや色素沈着、さらには埋没毛や毛嚢炎などにも悩まされました。

 

太ももはカミソリでの自己処理が少なかったせいか、
毛も脛に比べると濃くないし手触りもやわらかいイメージでした。
でも面積が大きいので剃り残しや処理の面倒さは他の部位に比べて感じていました。

 

せっかくそんなに濃くない毛なのだからこのまま濃くしたくない!
肌もカミソリ負けをしていない部位だからきれいなまま保ちたい!
そう思っていました。

 

私と同じように太もものムダ毛に悩む人に
綺麗に処理する方法をお話ししたいと思います!
上手な自己処理方法から、脱毛のお話まで読んでソンはありませんよ。

 

 

見落としがちな裏側にも意外と生えています

 

管理人
「太もものムダ毛ってどのくらいの頻度で処理していますか?」

 

ゲスト
「スカートをはくときは処理しますけど、あまり気にしていないことも多いです。毛も脛ほどチクチクしていないので」

 

管理人
「そうですよね。私もそのタイプでした。でもいつも気にしていないところだからこそいざという時に剃り残したり、処理するときに失敗しちゃったりするんですよね。

 

ゲスト
「電車で隣に座った女の人が、ストッキングから太もものムダ毛が何本も飛び出ている人がいて驚いたことがあります」

 

管理人
「あはは!そういうことって自分では気が付いていなくても、人は結構見ているんですよね。」

 

ゲスト
「そうなんです。私もデートの最中にショートパンツからでた太もものムダ毛の剃り残しに気づいたことがありました」

 

管理人
「私も経験ありです。女の人なら誰でも一度はあるんじゃないかな?」

 

ゲスト
「できれば剃り残しがないように完璧にしたいけど、慣れていないこともあって見落としがち…。他の人にどう思われているか心配です」

 

管理人
「同性ならあらら、ミスっちゃったのかな?くらいで済みますが、異性だと一気にがっかりして嫌われちゃうこともあるかもしれませんもんね」

 

ゲスト
「だらしない女の子だと思われたら本当に傷つきます…」

 

管理人
「確かに!それでは上手に太もものムダ毛をくまなく処理できる方法をお教えしますね!」

 

 

太もも(ひざ上)の裏側まで毛の処理ができる方法

 

太ももって面積が広いうえに、
裏側は目の届かないところもあってなかなか処理が難しいですよね。

 

表側はすべて目で確認できるので処理もそんなに大変ではないのですが、
裏側は鏡を使ったり脚を上げたりいつも悪戦苦闘しながら処理することになります。
それではどうしたら太もものムダ毛を綺麗に上手に処理することができるのでしょうか?

 

 

 ●自己処理するなら?

 

・おすすめは電気シェーバー

 

自分で太もものムダ毛を上手に処理するのに一番向いているのは、
なんといっても「電気シェーバー」だと思います。

 

ムダ毛の処理をしている人で電気シェーバーを
使ったことがない人にはぜひ一度は使ってほしいアイテムです。

 

電気シェーバーは広い面積でも短い時間で処理することが可能ですし、
肌への負担も少ないのが特徴です。

 

特に太ももの裏側は見えないままシェーバーを当てなければいけないところもあると思うので、
剃り残しのないように鏡でチェックしながら行いましょう。

 

深剃りする心配もありませんし、
何度かシェーバーで往復してもカミソリほど肌を傷つける心配もありません。

 

 

・やってほしくない処理方法はカミソリ

 

太ももの裏側をカミソリで処理するのは危険が大きすぎます。
見えないところは大体の感覚でカミソリを当てることになるので剃り残しも多くなりますし、
見えないところに刃物を当てるのはケガのもとです。

 

私は太ももの裏側にカミソリで傷をつけてしまった経験があるので、
その時のショックを思い出すと冷汗がでる気持ちです。

 

深剃りをしないために毛の流れに沿ってカミソリを動かすのも難しいですし、
カミソリ負けも起こしやすい部位です。
カミソリを使用する際には十分気を付けて行ってくださいね。

 

ちなみに、除毛剤を使用したときはとてもよかったのですが、
広範囲のためコストが高かったのが残念でした。

 

 

 ●脱毛するなら?

 

・家庭用脱毛器、脱毛サロン、クリニック

 

自己処理から抜け出したい…。
自己処理に限界を感じている…。
という人はいませんか?

 

そんなあなたには脱毛がおすすめです。
女性のパーツでどこに魅力を感じるかというアンケートで
「脚」という回答はいつも上位にきます。

 

それほど男性は女性の脚に注目しているということですので、
処理に手が抜けませんね。

 

特に太ももは女性らしさが存分に表現できる場所でもありますので、
カミソリ負けや剃り残しなどがないのがベストです。
いつもツルツルすべすべな肌を目指しましょう!

 

家で手軽にできる家庭用脱毛器もありますし、
プロの手にゆだねて完璧な太ももを目指すなら
やっぱり「脱毛サロン」や「クリニック」がおすすめです。

 

 

綺麗に処理したいならどっち?

 

自分で手軽に行う自己処理だったら、やっぱり電気シェーバーがいいですね。
安全だし、逆ぞりで肌を傷つける心配もないのがうれしいです。

 

自己処理方法も上手に行うことで手間はかかりますが、
綺麗な素肌を保つことはできるでしょう。

 

でも頻繁に処理する手間にストレスを感じていたり、少しの剃り残しも嫌!

 

という人は、やっぱり脱毛しちゃうとムダ毛処理の面倒や
人からどう思われているかという気持ちからも解放されると思います。

 

いつでもツルツルすべすべな太ももを手に入れて、おしゃれを楽しめたらいですね!

 

 

管理人ケナ美の一人ごと

 

ケナ美の一人ごと

太ももの裏、本っ当に処理しにくいよね!
私はカミソリ派だったけど、念入りに剃ったつもりでも全然剃れてなかったりして。

 

「えー?!あんなにやったのに?」って思って、太ももの裏をじっくり見て研究してみた。
スネより毛が薄くて、皮膚に這うように生えてるから毛が飛び出してこないの。
だからカミソリをすべらせても毛が引っかかってこないんだよね。

 

なんかムキになっちゃって、「今日こそは絶対にツルツルにしてやる!」
って本気で剃ったこともあったんだけど(笑)、絶っ対に剃り残しがある…もう諦めたよ…
そんなことやってたらカミソリでケガしちゃったりして、もううんざり!

 

水着を着る前日とか、どうしても綺麗にしたいってときは除毛剤。
除毛剤はいつも使うとお金かかるから、ここぞって時だけね!

 

それ以外のときは基本、諦めちゃってて、ミニスカートとかショートパンツを穿かないようにしてた。
不思議と毛の自己処理をしてないと、肌はどんどん綺麗になっていくんだよね。

 

せっかく綺麗な肌なのに、毛のせいで露出できない。
問題は毛だけなのに〜!ってモヤモヤしてたあの頃が懐かしい…

 

脱毛を始めたのは社会人になってからだから、
結局いい歳になっちゃって派手な露出はできなかったけど、
水着のときはここぞとばかりに出すよ!(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケナ美からあなたへ

ムダ毛を処理したい部位

デリケートゾーンが問題!?

脱毛サロンデビュー

脱毛サロン経験者に聞いた!

人に聞けない「ムダ毛」のハナシ