トップへ戻る

デリケートゾーン 老化

デリケートゾーンへの無関心が老化を招く?乾燥女子が急増のワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

デリケートゾーンへの無関心が老化を招く?乾燥女子が急増のワケ

 

こんにちは!
ケナッシングの管理人、ケナ美です。
今日もご訪問ありがとうございます。

 

肌や髪だけでなく、デリケートゾーンも老化するって知っていましたか?
尿漏れ、アンダーヘアの白髪、膣の乾燥など、
年齢を重ねるとさまざまな症状が現れます。

 

 

これらの症状は主に40代〜50代以降の更年期に現れるものです。
「まだまだ先の話じゃん」「私には関係ないし!」と思ったら大間違いです!
実は最近、若い女性でも膣が乾燥しているという人が増えているんです。

 

 

一体なぜでしょうか?

 

 

自覚症状が無いという人も注意が必要です。
症状が重くなる前にしっかりとケアを始めていきましょう。
デリケートゾーンが乾燥してしまう原因と対策をご紹介していきます。

 

 

デリケートゾーンの老化って何?

 

○デリケートゾーンの老化とは

 

「最近デリケートゾーンがヒリヒリする…」
「生理でもないのにデリケートゾーンがかゆい」なんていうことはありませんか?
実はこれ、膣の乾燥が原因かもしれません。

 

膣には、ある程度の潤いが必要です。
膣が乾燥してしまうと、かゆみや性交痛などの症状が出てしまいます。
多くの場合、40代〜50代以降の閉経後に膣が乾燥しやすい状態になります。
しかし、最近は若い女性の間でも膣の乾燥が増えてきてしまっているのです。

 

 

○膣の乾燥の原因

 

乾燥の主な原因は、エストロゲンという女性ホルモンの減少だと言われています。
エストロゲンは、皮膚の水分量を増加させる、皮脂を増加させる、コラーゲンを増加させるなど、
肌の潤いを保つために重要な役割を担っています。

 

エストロゲンは通常、40代〜50代の更年期に徐々に減少していきます。
え〜そうなの!40代を迎える私の膣もそろそろ乾燥が始まってくるの?
と、ショックを受けるかたもいると思います。
これを機に、少し、意識をしてケアをしてみてくださいね。

 

私は若いから大丈夫!
とおもったあなたは、要注意。
今は、偏った食生活、睡眠不足、ストレス、
無理なダイエットなどによって、10代〜20代の若い世代でも
エストロゲンの減少が起こってしまうのです。

 

「ご飯を抜いてダイエットをしている」「不規則な生活をしている」
「仕事でストレスが溜まっている」という人は、
もしかすると女性ホルモンのバランスが崩れてしまっているかもしれません。

 

普段、あまり意識をしない、膣……。
あなたの膣は大丈夫ですか?

 

 

○デリケートゾーンの乾燥を防ぐ

 

デリケートゾーンの乾燥を防ぐには、しっかりと保湿ケアをする必要があります。
といっても、敏感な部分なので、身体用や顔用の化粧水やクリームは使わないでくださいね。
保湿するときは、デリケートゾーン専用のオイルやクリームを使いましょう。
ただし、このオイルやクリームは、皮膚に残って汚れとなることもあります。
お風呂に入ったら、丁寧に優しく洗い流してくださいね。

 

 

きちんと洗って清潔にする→専用のオイルやクリームでケア→洗ってしっかりと落す
という流れを大切にしましょう。

 

 

デリケートゾーンの保湿ケアには、薬局で購入できるワセリンもオススメです。
ワセリンは赤ちゃんからお年寄りまで、年齢を問わずに使えるものなので安心です。

 

また、性交痛がある場合にはパートナーにも理解を求めることが大切です。
「痛いからしたくない」とはなかなか言えないですよね…。その気持ちもとても分かります。
しかし、我慢を続けると症状が悪化してしまう恐れがあります。
この先ずっと良い関係でいるためにも、正直に相談してみましょう。

 

 

○生活習慣の改善

 

エストロゲンを増やすために、食生活や生活習慣を見直してみましょう。
女性ホルモンは食事から取り入れることが出来ます。
3食バランス良く食べ、無理なダイエットは禁物です。

 

女性ホルモンを増やす代表的な食べ物は大豆製品です。
豆腐、納豆、おから、味噌など大豆製品はどこでも手に入れやすいものです。
毎日の食事に少しずつ加えてみてくださいね。

 

「自炊はあまりしないからおやつ感覚で取り入れたい!」という人には、ナッツ類がオススメです。
コンビニでもたくさん売っていますよね。

 

甘いお菓子が大好き!という人も、たまにでいいので、ナッツ類を選んでみてください。
歯ごたえのあるナッツは、満腹感も与えてくれるので、食べ過ぎも防いでくれますよ。

 

もう一つ。
身体を温めることも大切です。毎日シャワーだけ…という人はいませんか?
湯船に浸かるのは身体を温めるだけでなく、大きなリラックス効果があります。
ストレスを溜めないよう、ゆっくりと湯船に浸かって疲れを取りましょう。
氷入りの冷たい飲み物も控え、温かい飲み物にしましょう。
お腹周りを温めてくれる腹巻きもオススメです♪

 

 

○婦人科受診も検討しよう

 

エストロゲンが減少すると、細菌に感染しやすくなったり炎症を起こしやすくなったりします。
かゆみや性交痛が強くなった時は、婦人科を受診しましょう。
デリケートゾーンの肌トラブルで婦人科を受診するのは決して恥ずかしいことではありません。
塗り薬や内服薬で症状が改善する場合もあります。
「なかなか症状が改善しない」「症状がどんどん重くなってきた」という時は
我慢しないで医師の診断を受けましょう。

 

 

デリケートゾーンの膣乾燥が間近!?危険度チェック

 

20代〜30代でも、知らないうちに膣乾燥が始まっていることがあります。
そこでセルフチェック! 
当てはまる数が多いほど「膣乾燥予備軍」の可能性がありますよ。

 

 

□お酒やタバコが多いかも!?
男性ホルモンが増えたとき、女性ホルモン優位な状態に戻すのが肝臓の役割。
肝臓の疲労は、男性化を助長し、膣乾燥を招きます。

 

 

□過度の運動をしている
走りすぎなど、運動のやりすぎは、男性ホルモンを増やす原因に、
膣の健康のためには、一日30分程度を週3回が理想です。

 

 

□突然、足がむくみ出した
閉経前に膣の乾燥が起こるほど女性ホルモンが乱れていると、むくみやすい状態に、
足の疲労もないのにむくむ場合は要注意。

 

 

□ドライアイ&ドライマウスである
膣は、口内や目元と同じ粘膜でできている。もし、口や目に乾燥を感じるなら、
膣の潤いレベルも低下している可能性あり!

 

 

□ローズの香りが嫌いだ
エストロゲンを生み出しローズの香りを避けるのは、無意識に女性を否定している可能性大。
膣が男性化している疑いがあります。

 

 

□髪の抜け毛がかなり増えた
膣の健康にも関係するエストロゲンは、分泌量が低下すると髪に影響がでることも。
突然抜け毛が増えたという場合は、要注意。

 

□生理前のイライラや落ち込みがひどい
生理前の不調(PMS)は、卵巣機能が低下している恐れあり、
卵巣でのエストロゲンの分泌量が減ると膣の粘液量もダウン。

 

 

膣の乾燥の原因と対策法をご紹介しましたがいかがでしたか?
普段はデリケートゾーンのお手入れについて無関心な人も多いかもしれません。
しかし、敏感な部分だからこそしっかりとしたケアが必要です。
放っておいたらどんどん老化が進んでしまいますので、
今から出来る対策を始めましょう!

 

 

管理人ケナ美の一人ごと

 

ケナ美の一人ごと

私の毎日のデリケートゾーン保湿術。

 

まずはデリケートゾーン専用の石鹸で丁寧に洗う。
ひだのところも優しく手で泡をつけていくよ。

 

流すときはぬるま湯で。
前に間違えて熱いお湯かけちゃって、赤くなっちゃった(泣)

 

お風呂からあがったら、綺麗なタオルでぽんぽんと水滴を拭うよ。

 

ワセリンを手にとって、薄くのばす!
このとき手のひらで温めてるようにすると、
伸びがよくなるよ。
そのままだと固くて伸びにくいから、あっためて伸ばすようにして使うのがオススメ。

 

塗りすぎるとベタベタして気持ち悪いから、うすーく!
温まったら、デリケートゾーンに優しく触れる。
のばしながら塗ると皮膚に負担がかかっちゃうような気がして、
なるべく優しく押さえるようにして塗ってるよ。

 

でも「塗る」というより、「なじませる」って感じかな?
手に残ったワセリンは、太ももの付け根とかお尻にのばしたり♪

 

保湿を始めてから、本当にかゆいのがなくなった!
今までまともにケアもせずかきまくっててゴメンよ…。
アンダーヘアがモジャモジャで、どうやって保湿したらいいか分からなかったし…。

 

今はVIO脱毛も済ませてアンダーヘアが少なくなったから、
ケアもすごくラクになったなあ。

 

膣の乾燥なんて・・・ピンとこないけど、女性のシンボルの老化ときいたら、
黙っていられないよね。
しっかりケアしなくちゃ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケナ美からあなたへ

ムダ毛を処理したい部位

デリケートゾーンが問題!?

脱毛サロンデビュー

脱毛サロン経験者に聞いた!

人に聞けない「ムダ毛」のハナシ