トップへ戻る

自己処理 乳輪周り ムダ毛処理

自己処理による乳輪周りのムダ毛処理方法の種類と効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ケナッシングの管理人、ケナ美です。今日もご訪問ありがとうございます。

 

乳輪周りのムダ毛を発見したときは、なるべく自己処理したいと考える方が多いのではないでしょうか?たくさん生えているのならば、専門のサロンに行く選択肢も候補に入るかもしれません。でもほとんどの場合は、数本程度生えていることのほうが多いと思います。

 

そういったときは自分で処理したほうが簡単ですよね?しかも他人にデリケートな部分を見せなくて済みます。是非自分でできるムダ毛の処理方法やその効果についての知識を深めて実践し、キレイな乳輪周りを保ちましょう。

 

 

ここでは肌がデリケートな方は避けたほうが良い方法なども紹介しているので、参考にしてくださいね。

 

乳輪周りは皮膚がデリケートなので、他の部分のムダ毛を処理するときよりも慎重に処理方法を選びましょう。では早速見ていきましょう。

 



 

自分に合う方法を選んで自己処理にチャレンジ!

 

乳輪周りのムダ毛を処理したいと思っても、他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗があるものですよね?そのままにしていても健康上問題はありませんが、やはり見た目はあまり美しくありません。

 

誰に見られるわけでなくともきちんと処理していると女子力がアップすると思うので、まずは気付いたら自己処理することを心掛けましょう。そんなこれから自己処理を始めようと考えている方のために、今回は自宅でできる自己処理の方法や効果を紹介したいと思います。

 

様々な方法があるので、毛の多さや使いやすさ、安全性などを考えながら選びましょう。自己処理は誰の目も気にせず行うことができるというメリットがある一方、リスクがあるということも理解しておかなくてはいけません。

 

その点もしっかり踏まえた上で自己処理を行ってくださいね。それと同時に、自分の肌タイプを理解することも大切です。そうすればより刺激の少ない方法を選んでリスクを避けながら処理することができるからです。

 

自己処理方法の種類や効果は?

 

最も一般的なのは、毛抜きやカミソリによる自己処理方法だと思います。特に毛の量が少ない場合は手軽なこれらの方法を選ぶことが多いでしょう。しかしこれらの方法は皮膚に強い刺激を与えるので、あまりおすすめではありません。

 

同じくワックス脱毛も、乳輪周りに使用するのは避けたほうが良いと思います。腕や足などには向いていますが、乳輪周りの皮膚はとてもデリケートなので刺激が強すぎるのです。その他には除毛クリームによる処理方法もあります。

 

薬剤を使用するため一般的な除毛クリームは刺激が強いですが、デリケートな肌用のものを使えば問題なく処理できると思います。ただ早いサイクルで何度も繰り返し使うのは避けたほうが良いでしょう。

 

毛の量が多いためもっと本格的に自己処理したいと考えるのならば、家庭用の脱毛器で処理する方法もあります。この家庭用の脱毛器には、レーザータイプとフラッシュ式タイプの2種類あるんですよ。

 

この2種類の中では、レーザータイプのほうが高い効果が期待できると言われています。全身のムダ毛で悩んでいる方は、レーザータイプの家庭用脱毛器を持っている方も多いかもしれませんね。

 

ただ乳輪周りに使用するのならば、フラッシュ式タイプのほうがおすすめです。効果はレーザータイプよりも緩やかだと言われていますが、それ程痛みを感じないのでデリケートで刺激を感じやすい乳輪周りの皮膚に使用するのにも向いていると思います。

 

おすすめの方法やリスクを少なくする方法はある?

 

毛抜きやカミソリによる処理は1番手軽ですが、正しく行わないと炎症が起きたリ細菌が入って毛嚢炎になったりする可能性があります。そのためもし毛抜きで処理するのならば、乳輪周りをホットタオルで温めてから毛の流れに沿って抜くようにしましょう。

 

カミソリで処理するのならば、電動シェイバーがおすすめです。電動シェイバーは刃先が丸みを帯びているので、皮膚を傷付ける危険性が少ないからです。生えてくる毛も手動カミソリで処理したときよりも滑らかですよ。

 

たくさんムダ毛が生えている場合は、家庭用脱毛器を選びたくなるでしょう。しかし家庭用脱毛器にも起こりうるリスクはあるので、あらかじめ把握しておいてくださいね。例えば光が弱いとされていてデリケートゾーンにも使いやすいフラッシュ式の家庭用脱毛器でも、やけどをすることがあると言われています。

 

また他の方法に比べて価格も高くなります。ただ1度購入すれば長い間使えるといったメリットもあるので、メリットとデメリットを理解した上で使用すると良いでしょう。

 

様々な自己処理方法のメリットやデメリットを見た上で1番おすすめなのは、やはり電動シェイバーかもしくは除毛クリームです。肌荒れなどのリスクを少なくするためには、処理後の保湿も大切ですよ。

 

管理人ケナ美の一人ごと

 

ケナ美の一人ごと

とてもデリケートな乳輪周り。肌を傷付けずにキレイに処理しようと思うと、どんな処理方法が良いか迷ってしまいますよね?ワキなどと違ってたくさん毛が生えているわけではないので、実際のところつい身近な毛抜きやカミソリで処理してしまいたくなります。

 

でも毛嚢炎や乳輪炎などを起こすリスクを考えると、安易にそれらの方法で処理してはいけないと思います。自己処理では永久脱毛をすることができないので、継続してケアするためにはコストパフォーマンスも重要なポイントになりますよね?

 

特に一般の主婦にとっては、価格はとても重要です。家庭用脱毛器は他の方法よりも長い間キレイな状態を維持できそうで魅力的ですが、価格がネックです。部分用を選べば全身用よりはお手頃になるとはいえ、ある程度高額になることを覚悟しておかなくてはいけませんよね。

 

その点電動シェイバーなら家庭用脱毛器よりは効果が長持ちしないかもしれませんが、お手頃価格で購入できて長く使えるためコストパフォーマンスが高いです。しかも短時間でササッと処理できるため、子育て世代には良いかなと思うんです。

 

除毛クリームも1度購入すれば、ある程度長く使えますよね。そして乳輪周りもツルツルの肌を保つには、保湿することが重要なんですね。これは恥ずかしながら知りませんでした。これからは顔に塗っているオールインワンクリームで手軽に保湿するのも良いかなと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケナ美からあなたへ

ムダ毛を処理したい部位

デリケートゾーンが問題!?

脱毛サロンデビュー

脱毛サロン経験者に聞いた!

人に聞けない「ムダ毛」のハナシ