トップへ戻る

VIO 脱毛 体勢

VIOの脱毛はどんな体勢でするの?毛深くても恥ずかしくない

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ケナッシングの管理人、ケナ美です。

 

今日もご訪問ありがとうございます。

 

ニオイや蒸れ、かゆみ、かぶれなど、デリケートゾーンの不快な症状を緩和してくれる。

 

それがVIO脱毛!

 

VIO脱毛は、女性の間でとっても人気が高まってきている脱毛なんです。

 

でも、初めてVIO脱毛と聞くと、「そんなの恥ずかしくて無理!」と思いますよね。

 

どんな体勢なのか、どんな服装なのか、分からないことだらけ…。

 

それに、スタッフのお姉さんに「この人毛深いな」って思われそうで怖い…。

 

男性から思われるのも嫌だけど・・・

 

同性である女性にあれこれ思われるの、恥ずかしいし憂鬱ですよね。

 

私もずっと毛深いことに悩んできたので、不安な気持ちはよく分かります。

 

でも、最近のVIO脱毛は恥ずかしくないように色んな工夫がされているんですよ♪

 

VIO脱毛の施術体勢について、初めての方にも分かりやすくお伝えします^^

 

VIO脱毛の施術方法

 

初めてのVIO脱毛は、分からないことだらけですよね。

 

そこで、最も気になっているんじゃないかなと思う点を3つに分けて、「どんな服装で処理するのか?」「どんな体勢で処理するのか?」「この人毛深いなって思われないか?」という部分をまとめてみました。

 

  1. どんな服装なの?
  2. どんな体勢なの?
  3. この人毛深いなって思われない?

 

VIO脱毛の最も気になる3点について順番にご説明していきます。

 

1.どんな服装なの?

VIO脱毛は施術をする時に下半身は何も履いていない状態だと思っていませんか?

 

でもそれは間違いです。

 

まず、着替える際に紙で出来た使い捨てショーツを履きます。

 

このショーツは脱毛専用に作られていて、布の部分をスライドして自由に幅を変えることが出来るようになっています。

 

上半身はガウンを羽織ったりタオルをかけたりします。

 

そして、施術はショーツを少しずつずらしながら行います。

 

自由にショーツの幅を変えられるようになっているのはこのためなんです。

 

施術する部分以外は隠しているため、デリケートゾーンをスタッフに直接見られるのはほんの一瞬です。

 

2.どんな体勢なの?

VIO脱毛で一番気になるのが施術時の体勢です。

 

立ったまま?座って?寝て?など、全く想像がつかない!という方もいるかもしれません。

 

VIO3つに共通しているのはベッドに横になった体勢で行うということです。

 

では、部位別に詳しくみていきましょう。

 

■Vラインの体勢

 

Vラインは下着を履いた時に隠れる三角形のラインです。

 

Vラインの脱毛はベッドに仰向けになった状態で行います。

 

足は肩幅程度に開きますが、まっすぐに閉じたままです。

 

ショーツを少しずらし、施術を行います。

 

仰向けなんて恥ずかしい!と思うかもしれませんが、光から目を守るためにゴーグルやアイマスクを着用する場合が多いため、スタッフと直接目は合いません。

 

「目が合ったら気まずい!」と思っている方は、安心してくださいね。

 

私も、抵抗があったのは最初だけ。

 

あとは、スタッフさんも普通にしてくれるし、「こんなもんか」という感じです。逆に、施術する前は構えすぎてたな、って思いました^^;

 

■Iラインの体勢

 

Iラインは股の間で、体育座りをした時に正面に見える部分です。

 

Iラインの脱毛もベッドに仰向けになった状態で行います。

 

Iラインは左右順番に施術します。

 

片足ずつ膝を曲げて、くの字にして外側に倒します。

 

片足はまっすぐ、反対の足はくの字に曲げている、という体勢です。

 

そしてショーツをずらしながら施術をします。

 

初めてなのでどのように手足を動かしたら良いか分からない!

 

と思う方もいるかもしれませんが、「足を曲げますねー」「手はこうしてくださいねー」

 

などと丁寧に説明しながら動かしてくれますので安心ですよ!

 

■Oラインの体勢

 

Oラインはお尻の穴の周りの部分です。

 

Oラインの脱毛はベッドにうつ伏せになった状態、または横向きの状態で行います。

 

スタッフがお尻の割れ目を広げ、施術を行います。

 

恥ずかしいと思うかもしれませんが、Oラインは範囲が小さいためほんの一瞬で終わります。

 

3.スタッフのお姉さんに「この人毛深いな」って思われない?

VIOの施術で心配なのが、スタッフのお姉さんに毛深いと思われることですよね。

 

私も脱毛を受ける前は、「今日のお客さん毛深かったねー」

 

なんて言われるのではないかとハラハラしました…。

 

もちろん、そんなことは全くありません(笑)

 

施術中はスタッフのお姉さんが「最初は恥ずかしいかもしれないけど大丈夫ですよ〜」

 

「何とも思ってないから安心してくださいね」などと声をかけてくれます。

 

意外かもしれませんが、脱毛の話だけでなく、美容室のように普通の雑談もするんですよ。

 

スタッフのお姉さんは1日に何人もの施術をしている脱毛のプロです。

 

そのため、デリケートゾーンの脱毛も何とも思わないのです。

 

わざわざ話題に出すこともありません。気にするような人なら、そもそもこのお仕事はできません。

 

また、脱毛サロンのスタッフは自分自身もVIO脱毛をしている人がとても多いです。

 

これもVIO脱毛について何とも思わない理由の一つだそうです。

 

恥ずかしいからとやらないのはもったいない

 

いかがでしたか。分からないことだらけのVIO脱毛も、少しは施術のイメージが膨らんだでしょうか。

 

VIO脱毛を「恥ずかしい」「怖い」そう思うのも当然です。

 

しかし、恥ずかしさを感じるのは一度目だけです。

 

一度受けてしまうと、「何だこんなものだったのか」と拍子抜けしてしまいますよ^^

 

アンダーヘアを綺麗に処理して快適な生活をしている自分を想像してみてください。

 

デリケートゾーンのニオイや蒸れからも解放されます。

 

ヘアが下着からはみ出ることもなく、夏前に慌てて処理するなんてこともないんですから。

 

恥ずかしいからといってお手入れを拒否するのはもったいないですよ!

 

管理人ケナ美の一人ごと

 

ケナ美の一人ごと

VIOの脱毛を決めたとき、「これで下着からはみ出さない!」

 

「水着も心配しないで着られる!」って、結果のことばかり考えた。

 

でもね。

 

いざ、脱毛の前日、というとき、事前準備でVIOの脱毛したい部分を剃っていて、ふと思ったの。

 

「あれ?!VIOの脱毛ってどんな体勢でするの?!」

 

もしかして四つんばい?!それとも、大股開き?!

 

どちらにしても、チョ〜恥ずかしい〜!

 

緊張しながらVIO脱毛当日。

 

下に専用のショーツを履いた状態で、ドキドキを隠しながら待っていると、「VラインとIラインを照射します。

 

片足を横に曲げて、ガニ股に開いてください」と言われました。

 

おそるおそる、足を開くと…

 

おや?思ったより、恥ずかしくない!

 

片足だけ開いているからかな?

 

続いてOラインは、「うつぶせになってください」とのこと。

 

うつぶせ?どうやって照射するのかな?

 

と思っていたら、スタッフのお姉さんが手でおしりを開いてOラインに照射し始めました!

 

これはちょっと恥ずかしい〜(笑)

 

でも、Oラインは照射する範囲が狭いので、さくっと終わっちゃいます!

 

そんな恥ずかしい体勢での照射が終わったあとも、スタッフのお姉さんは特に気にする様子もなく話しかけてくれましたよ☆

 

今流行りのVIO脱毛。

 

恥ずかしい体勢も、みんなが通る道!

 

どんどん脱毛して、綺麗になっちゃいましょう☆"

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケナ美からあなたへ

ムダ毛を処理したい部位

デリケートゾーンが問題!?

脱毛サロンデビュー

脱毛サロン経験者に聞いた!

人に聞けない「ムダ毛」のハナシ